家庭でできる起立性調節障害治療への対策・対処方法とは?

2019年6月22日

「学校に行きたいけど朝起きれません。母に起こされ、自分ではわからないけど、2時間ぐらいしてやっと起きてるみたいです。中3で受験生なので、遅刻してでも学校に行きたいのですが、体が鉛のように重くしんどくて毎日通うことができません。無理して登校することもあるのですが、しんどくてまともに授業も受けられず勉強もできません。そして、遅刻して登校した翌日から2日間ぐらいは、さらに起きれなくて一日15時間以上寝てしまいます。」

この話でわかるように、起立性調節障害の方は非常に疲れやすいだけでなく、ふだんからとても疲れています。また、疲れがまったく取れません。さらに、病院で治療を受けたとしても、一向に回復しないというケースがほとんどのようです。ですが、私はそれも自然なことなのではないかと考えています。
繰り返しますが、起立性調節障害は自律神経の乱れが原因だと考えられます。冒頭の中学生は朝起きれないこと。ひどく疲れていること。それ以外に次のような症状がありました。

 

 

・頭痛 ・立ちくらみ ・脳貧血?(目の前が真っ暗になる) ・吐き気 ・腹痛 ・ひどい肩こり
・ふくらはぎの痛み(少し歩いただけで)など。
自律神経の乱れが原因だからこそ、このように体の不調は多岐にわたります。しかし、起立性調節障害の治療は血圧を上げたり、痛みを止めたりという対象療法になります。イラストのように、治療の対象となっているのは氷山の一角にすぎません。原因は海面下にある自律神経の乱れにあるのに…。

この動画では、起立性調節障害の治療に役立つ対策や対処についてご紹介しておりますのでお役立てください。

多少の温度差はありますが、どんなご家庭でもできる対策・対処です。

まとめ

 ここまでの一連の動画では、私がいただいてきた起立性調節障害の相談について、その実務経験から原因とご家庭でできる治療法、対策・対処についてご説明してきました。ただし、起立性調節障害にサブタイプがあることからわかるように、体調不良の程度や種類によりその対応も少しずつ違ってくるのも事実です。
そこで今後、次のような動画をご紹介する予定でいます。
外出するとき、いつもギリギリまたは時間までに準備ができない。
友達と約束しても待ち合わせはギリギリまたは遅刻ドタキャンすることも。
記憶力や理解力が悪くなった

さらに、とくに強調しておきたいのが次のようなケースです。
・朝起きたとき顔(とくに目元)が浮腫んでいる
・子供の頃と比べ、明らかに目が小さくなった気がする
緊張がひどく、友達と話すことができない。友達と話せても、楽しむことができない。
耳や顔が赤いことがある。
眉間や鼻筋のあたりに赤いニキビができる。
私の経験では、起立性調節障害の患者の中には、こういった症状を併せ持った方がとても多かったのでご紹介しました。そしてもちろん、側弯症や緘黙でお悩みの方にも参考にしていただけることだと自負しております。
最後に、以下に起立性調節障害についての小冊子をご紹介していますのでお役立てください