とにかく不安でしょうがない…その症状、全般性不安障害かも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人は不安を感じるものです。はっきりした理由がないのに不安に襲われたり、あるいは理由があっても、その強い不安がいつまでも続くのは病的な不安と言われています。

「仕事中、胸が痛くなってしまい、心臓病なのではないかと不安になって病院にいきました。病院に行っても何も問題は無いと診断されたのですが、それから常に身体に対しての不安が残ってしまい、仕事に集中できません。家に帰っても同じで、睡眠も十分にとれません」

と、ご来店されたのが50才の男性Aさんです。

このような慢性的な不安症状が続く事を全般性不安障害といいます。また、この不安が急性・突発的に起こるのがパニック障害です。全般性不安障害とパニック障害、この2つの病気は「不安障害」という1つの病名にまとめられます。

1.全般性不安障害チェック

自分の症状が全般性不安障害なのかは、以下の質問で診断できます。

・仕事や学業、将来、天災、事故、病気などのさまざまな出来事または活動について、過剰な不安と心配がある。しかし、その原因は特定されたものではない

・不安や心配を感じている状態が6ヶ月以上続いており、不安や心配がない日よりもある日のほうが多い

・不安や心配を自分でコントロールすることが難しい

・不安や心配は、次の症状のうち3つ以上の症状を伴っている

・そわそわと落ち着かない、緊張してしまう、過敏になってしまう

・疲れやすい

・倦怠感

・動悸・息切れ

・めまい・ふらつき感

・集中できない、心が空白になってしまう

・刺激に対して過敏に反応してしまう

・頭痛や肩こりなど筋肉が緊張している

・眠れない又は熟睡した感じがない

2.全般性不安障害の原因

全般性不安障害の症状は、人から見ると「単なる心配性が酷い人」と見えるため、その人の気持ちの問題だと考える方が多く見られます。実際にAさんの奥様は「心配性で困る。気持ちをちゃんとしてもらわないと…」という発言をされていました。

しかし、実際の原因は違います。全般性不安障害のチェック項目にもありますが、この病気になっている方は常に体調不良をかかえています。倦怠感、動悸、息切れ、頭痛、肩こり…この体調不良が一つ目の原因です。

また、脳の栄養不足により、脳の感情物質である抑制感情物質(リラックスする感情物質)と調整感情物質(脳をリラックスさせたり、興奮させたりその時の状況に応じて調整する)が不足することでも全般性不安障害が起こります。

それでは、体調不良と脳の栄養不足、この2つの原因について詳しくお話します。

2-1.全般性不安障害の原因その1.体調不良

身体が怠い。たったそれだけで私たちはイライラしたりして脳が興奮します。これが他にも動悸、息切れ、頭痛、肩こり、などがあったらどうでしょうか?イライラは酷くなり、脳の興奮は高くなってしまいます。

興奮が高まることで、そのストレスに対抗するためにアドレナリンやノルアドレナリンが作られます。これらの物質は脳の興奮が高まるほど作られます。そして、ノルアドレナリンという物質は、「やる気」「意欲」を高める作用がありますが、その反面「不安」「恐怖」「緊張」といった感情、精神状態をも作り出します。 

体調不良=ストレスなので、体調不良が酷い人ほどノルアドレナリンは分泌され、「不安」「緊張」という精神状態になってしまいます。このような作用によって不安感や全般性不安障害などが生まれてしまいます。

2-2.全般性不安障害の原因その2.脳の栄養不足

私達の身体は、私たちの食べたものから作られています。これは誰もが知っている事実ですが、脳の働きも同様です。しかし、多くの人は、単に「食べれば栄養はとれている」と思い込んでいらっしゃるようです。

 私達の脳が正常に働くためには、身体を作り上げている、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが必要です。これらの栄養が十分とれている時には、脳は興奮、リラックスを状況により、バランスよくコントロールし、本来の力を発揮することが出来ます。 

逆に脳の栄養状態が満たされなければ、人間の脳内では「栄養不足だからもっと栄養をとれ!」と、自律神経を通じて、次のような指令を身体に下します。

1)胃や腸への血液の流れを抑える
2)交感神経が働き、心臓の拍動を高め、活動に備える
3)活動をするため、筋肉に血液が集められる
4)栄養状態の悪化によるストレスに対抗するため、副腎からアドレナリン(怒り、イライラ)とノルアドレナリン(不安・恐怖・緊張)が分泌される

身体の栄養素が足りていないため、この1~4の一連の流れが繰り返し続きます。この反応が続くことで、脳が常に興奮するようになり、身体は常に緊張状態となります。

また、栄養不足は脳の感情物質である生存に関わる興奮系の感情物質を優先的に作るようになります。そして、抑制感情物質、調整感情物質は不足することになり、正常に働くことができなくなります。

3.全般性不安障害を改善する為に必要なこと

全般性不安障害は気持ちの問題ではなく、脳内のノルアドレナリンの分泌が過剰となり、不安な感情が出てきて発症する病気です。そして、その原因が先ほどお話をした「体調不良」と「脳の栄養不足」です。

 すなわち、この2つを改善することで全般性不安障害の症状も落ち着いていきます。

3-1.全般性不安障害を改善する方法その1.体調不良改善

全般性不安障害の方たちは必ず体調不良をもっています。
それは判断基準である下記をご覧いただけたら明確です。

・そわそわと落ち着かない、緊張してしまう、過敏になってしまう

・疲れやすい

・倦怠感

・動悸・息切れ

・めまい・ふらつき感

・集中できない、心が空白になってしまう

・刺激に対して過敏に反応してしまう

・頭痛や肩こりなど筋肉が緊張している

・眠れない又は熟睡した感じがない

このような体調不良は病院で検査しても異常はありません。
ですがこれからの体調不良は漢方の世界では不定愁訴といいます。この不定愁訴は病院の薬ではなかなか改善することはできません。そのために、漢方薬の使用をオススメします。

3-2.全般性不安障害を改善する方法その2.栄養不足を解消する

脳の興奮の原因は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどといった栄養不足から始まります。そのため、食事内容には気をつけなくてはいけません。

私がオススメしているのは、和食を中心とした食事です。和食をオススメする理由は、洋食よりも栄養バランスが優れているからです。
ただし、全般性不安障害が出ている方の場合は、食事だけでは栄養の補給が足りません。幅広くサプリメントで栄養をとる必要があります。なお、サプリメントは、こういった考え方を理解している医師や薬剤師などの専門家に相談して購入することをオススメします。

4.全般性不安障害の方への接し方

友人や家族が全般性不安障害と病院で診断されたら、気持ちの問題ではないということを理解してあげてください。

本人にとって不安という感情はとても辛いものです。そしてなによりも否定はしないであげて下さい。「気にすることはない」「気のせい」といった発言や助言はかえって本人の不安を高める事になる場合もあります。

ただただ、本人の話を聞いてあげて、同意してあげるだけで良いのです。
例えば、「◯◯が不安で仕方がない」という発言でしたら「◯◯が不安なんだね」程度で良いのです。
否定する発言は、むしろ感情を高めてしまいます。すると不安感が増してしまいますので、接し方に気をつけください。

5.まとめ

全般性不安障害の症状は気持ちの問題ではありません。脳内のノルアドレナリンの分泌が過剰になることで、気持ちとは全く関係なく「不安」「緊張」の症状が出ていると私は考えています。

その原因として「脳の栄養不足」「体調不良」があります。実際に、全般性不安障害の患者さん達は、脳の働きに必要な、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが不足しています。また、色々な体調不良をかかえていることもあります。改善するためには、「脳の栄養不足」「体調不良」を解消することが必要です。

本サイトは私の実務経験に基づいた考察をご紹介しています。また、解説する病気の症状は典型的なものを紹介しています。記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではありません。治療法その他についても、あくまでも自分でできうる対処と医療における代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】モラハラの本質的な解決を望まれる方は
小冊子をお役立てください

もしあなたがモラハラについて「縁を切りたい!」「離婚をしたい!」という解決策を探しているのなら、残念ですがこの小冊子は役に立ちません。

しかし、モラハラを本質的に解決したい。穏やかな日々を取り戻したい。そう願っているのなら、この小冊子はあなたにとって、とても重要です。

この小冊子をお読みになると次のことがわかります。

・モラハラの原因を理解し、解決のために移すべき行動
・加害者への接し方において、気をつけるべきポイント
・実際に夫のモラハラを完治できた方の体験談

など、モラハラ解決に必要な行動とは、多少の温度差こそあれ、どんなご家庭でもすぐに実行できる内容です。

まずは以下のボタンから小冊子をダウンロードしていただき、改善への第一歩を踏み出しましょう。


小冊子をダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*