パニック障害の再発の原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
14af1f2b2a830113e03d2c739dd7c767_s

「10年前からパニック障害になっています。病院で薬を飲んで一回治ったと思ったのですが、それから1年も経たないうちにまたパニック障害になってしまいました。それからは何度も発作を繰り返しています。」そう言ってご来店されたのは30代の女性でした。

このようにパニック障害が一度おさまって、日常的な生活に復帰することが出来たにも関わらず、再発することがあります。

なぜパニック障害が再発してしまうのかを今回はお話しします。

1.パニック障害の原因

私のカウンセリング経験では、パニック障害の原因は「脳の栄養不足」と「体調不良」だと考えています。なぜこの2つが原因なのかをお話しします。

詳しくは「脳の栄養不足」と「体調不良」から考えるパニック障害の原因こちらをお読み下さい。別のところに移動します。

1-1. パニック障害の原因(1)脳の栄養不足

私たちの身体は、私たちの食べたものから作られています。これは誰もが知っている事実ですが、脳も同様です。栄養が不足することで脳の働きは乱れてしまい、脳が興奮するようになります。

脳が興奮することで、アドレナリンやノルアドレナリンといった脳の感情をコントロールする物質が放出されます。アドレナリンが過剰に分泌されると怒りになります。そしてノルアドレナリンが過剰に分泌されると、不安・緊張・恐怖の感情が生まれます。

1-2. パニック障害の原因(2)体調不良

脳の栄養不足により→脳が栄養不足の状態になると、アドレナリンやノルアドレナリンが分泌されて、自律神経の働きも乱れるようになります。これによって様々な体調不良が起こるようになります。

具体的にパニック障害の患者さんの多くは

 

◯ 光過敏 音過敏

◯ 頭重感、頭が締め付けられる。額が熱くなる

◯ 動悸、めまい、立ちくらみ

◯ 何故かモヤモヤする。ザワザワして落ち着かない

◯ 食欲不振、吐き気、下痢

◯ 倦怠感、すぐに疲れる、慢性疲労

◯ 寝付きが悪い、熟睡感がない

 

といった体調不良をもっています。

このような体調不良が起こると、この体調不良のストレスに対抗するようにさらにアドレナリンやノルアドレナリンが分泌され体調不良がますます悪化していきます。

パニック障害の方の多くが、初めはちょっとした体調不良なのに、時間とともに悪化していくのはこのような理由です。体調不良が悪化することでさらにパニック障害は悪化していくことになります。

1-3. 「脳の栄養不足」と「体調不良」をより詳しく知る

「脳の栄養不足」と「体調不良」について、さらに詳しく知りたい場合は、「脳の栄養不足」と「体調不良」から考えるパニック障害の原因こちらをお読み下さい。

2.パニック障害の再発の原因

「パニック障害が改善されたにも関わらず再発してしまった」と再度相談にいらっしゃる方はパニック障害の原因である脳の栄養不足が考えられます。その原因としては以下の事があげられます。

2-1.パニック障害の再発の原因(1)胃腸が弱い

体質的に胃腸が弱いので、栄養バランスに気をつけないとすぐに脳の栄養不足になっています。現代は白米中心の食事になったため、玄米や麦ご飯中心だった昔よりもたんぱく質やビタミン・ミネラルが不足しやすくなっています。そのため、胃腸が弱い方は、普通の方よりも脳の栄養不足になりやすいのが現状です。

2-2.パニック障害の再発の原因(2)ストレス過多

仕事や生活のアクシデントなどでストレスが過度にかかることもパニック障害の再発の原因になります。というものストレスが過度にかかると人の体は緊張してしまい、胃腸の働きは低下します。

さらに、ストレスがかかっている時に人は食欲が低下して食事量も少なくなります。食事量が少なると同時に、胃腸の働きが低下することで脳の栄養不足になります。

2-3.パニック障害の再発の原因(3)食生活の不摂生

アルコールやカフェインの大量摂取や糖質のとり過ぎ、さらにジャンクフードのとりすぎの方が多く見られます。

アルコールやカフェインを大量に摂取すると身体は興奮します。これによってアドレナリンやノルアドレナリンが大量放出されることによると考えられます。

また、糖質が体内でブドウ糖に変換される際にはビタミンB群が消費されます。ビタミンB群は中枢神経のバランスを整えるのに必要なビタミンであり、これが不足することで栄養バランスが崩れてパニック障害になると考えられます。また、糖質を多くとる方はジャンクフードを頻繁に食べる方と同様に食事の栄養バランスが崩れているために脳の栄養不足であることが十分に考えれます。

3.まとめ

パニック障害が再発してしまう原因としては、脳の栄養不足になることが考えられます。脳の栄養不足になってしまう原因としては、「仕事が忙しくて食事が適当になってしまった。」「ストレスで食欲が低下してしまった。」「胃腸の働きが低下してしまったという。方が一番多くみられます。

パニック障害の再発を防止するためにも、バランスのよい食事を心がけ、不足しがちなたんぱく質やビタミン・ミネラルなどの栄養素はサプリや薬で補給することを意識してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】モラハラの本質的な解決を望まれる方は
小冊子をお役立てください

もしあなたがモラハラについて「縁を切りたい!」「離婚をしたい!」という解決策を探しているのなら、残念ですがこの小冊子は役に立ちません。

しかし、モラハラを本質的に解決したい。穏やかな日々を取り戻したい。そう願っているのなら、この小冊子はあなたにとって、とても重要です。

この小冊子をお読みになると次のことがわかります。

・モラハラの原因を理解し、解決のために移すべき行動
・加害者への接し方において、気をつけるべきポイント
・実際に夫のモラハラを完治できた方の体験談

など、モラハラ解決に必要な行動とは、多少の温度差こそあれ、どんなご家庭でもすぐに実行できる内容です。

まずは以下のボタンから小冊子をダウンロードしていただき、改善への第一歩を踏み出しましょう。


小冊子をダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*