接する際にこれだけは注意したい!パニック障害の方との接し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「妻がパニックを起こしていて、外出できません。どうしてあげればいいのですか?」

相談にいらっしゃったのは30代の男性です。

私のもとには、日々このような悩みを持つご家族からの相談が後を絶ちません。

それもそのはず、パニック障害を抱える方は、今や日本人の20~30人に1人と言われるほどの現代病です。

 パニック障害は、※パニック発作を何度も繰り返すことで、生活がままならなくなってしまう症状のことを言います。(※パニック発作とは、何の前触れもなく、突然激しい動悸や発汗、息苦しさ、めまい、恐怖感、不安感を感じてしまう症状のこと)

このパニック障害は、精神的な症状なので仕事場では内緒にしている人も多くいます。また発作を起こしているが、周りの人に迷惑をかけたくないという一心で、病院に行かないで1人悩んでいる人も多くいます。

 パニック障害は、治る病気です。正しい知識を持っていれば何も怖いことはありません。周囲の人は、普段通りに接してあげれば良いのです。

 今回は、パニック障害を抱える家族との接し方について詳しくご紹介します。

1.パニック障害をかかえる方への接し方

接し方

1-1.普段の接し方

これはとても簡単な事です。とにかく普通に接してあげることです。

パニック発作をおこしていない時に、「パニック発作は大丈夫?」といった気の使い方をすると、逆に悪化することもあります。

パニック発作の恐怖感はなかなか消えません。気を使うことで発作の恐怖が記憶からよみがえり、気を使うたびに本人の不安感は増していきます。

また、気を使うことで「みんなに迷惑をかけてしまっている」「迷惑をかけて申し訳ない」と、感じてしまい不安を生み出していきます。

楽しく会話をしたりしてリラックスさせてあげることが一番です。

1-2.パニック発作を起こした時の接し方

パニック発作を発症した場合、家族でも友人でも必ず守ってほしい事があります。それは、冷静に落ち着いて対応することです。

本人は、パニック発作を起こしていて、不安で頭はまともに働きません。そんな中で周囲も慌ててしまえば、発作を起こしている方の不安もますます高まっていきます。

「大丈夫だからね」
「そばにいるから安心して」

とにかく冷静にアドバイスをして、その場所から離れさせてあげる事が重要です。本人が飲んでいる薬があるようでしたら確認の上、飲ませてあげることも必要です。

本人は、「死んでしまうのではないか」という恐怖感を持っていますが、死んでしまったり、後遺症が残ることはありませんので、本人が慌てていても落ち着いて対処してください。

2.接する際にこれだけは注意したいこと

恐怖感のある場所には連れて行かない

パニック障害は気持ちの問題ですから、色々なところに連れて行って克服させようと行動させるのは絶対にやめてください。恐怖を感じればパニック発作は起こりやすくなります。それによって活動出来る場所がどんどんなくなってしまう事もあります。

ある30代の女性は、20代ではじめてパニック発作をおこしたそうです。火葬場という特殊な場所でした。当初パニック発作だったとあまり気にせず、色々な場所に出かけて行きました。しかし、緊張する場所で段々とパニック発作を起こすようになり、10年たった今ではデパートもダメ、電車もダメ、そしてスーパーも…

このように、本人が恐怖感を覚える場所は人それぞれです。慣れさせようと緊張する場所に連れていくと、いつパニック発作が起きてもおかしくありません。また、以前にパニック発作を起こした場所に行ったなら、突然に記憶が呼び覚まされ発作がおきてもおかしくはありません。

しかし、あまりにも引きこもり気味になってしまうのなら、それはそれで問題です。本人が不安感を感じない場所、リラックス出来る場所になるべく連れて行き、そこで散歩などをすることは良いことだと思います。

3.まとめ

パニック障害の方に対する接し方は難しいように思えますが、実はとても簡単なことです。

普段は楽しく会話をしたりしてあげる。

もし、パニック発作をおこしたときはいたわってあげる。

パニック障害を改善し、克服するためには家族の理解なしでは難しいことです。パニック障害は気持ちの問題ではありません。その上でうまく接して上げてください。

本サイトは私の実務経験に基づいた考察をご紹介しています。また、解説する病気の症状は典型的なものを紹介しています。記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではありません。治療法その他についても、あくまでも自分でできうる対処と医療における代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】モラハラの本質的な解決を望まれる方は
小冊子をお役立てください

もしあなたがモラハラについて「縁を切りたい!」「離婚をしたい!」という解決策を探しているのなら、残念ですがこの小冊子は役に立ちません。

しかし、モラハラを本質的に解決したい。穏やかな日々を取り戻したい。そう願っているのなら、この小冊子はあなたにとって、とても重要です。

この小冊子をお読みになると次のことがわかります。

・モラハラの原因を理解し、解決のために移すべき行動
・加害者への接し方において、気をつけるべきポイント
・実際に夫のモラハラを完治できた方の体験談

など、モラハラ解決に必要な行動とは、多少の温度差こそあれ、どんなご家庭でもすぐに実行できる内容です。

まずは以下のボタンから小冊子をダウンロードしていただき、改善への第一歩を踏み出しましょう。


小冊子をダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*