モラハラを脳科学!その4.思い込みが激しいから無視をする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「私は結婚5年目で子供はいない40代の夫婦です。夫の怒りの深さが根深いことに悩んでいます。夫は普段は優しく家事にも協力的ですが、一度怒り出すと一、二週間は怒りを沈めることができません。怒っている時は職場では普通にしている様ですが、家庭では私を完全無視です。」

「夫の無視が続いています。夫から夫の両親とは連絡をとるな!と言われましたが、従った方がいいですか?
子どもの為にも連絡は取りたいのですが・・・」

「私は夫と別居中ですが。今後について意見を求めても、無視します。わたしがまったくそこにいないかのような態度をとります。」

モラハラ加害者の特徴のひとつに思い込みが激しく、長期にわたって無視をするといった傾向があります。この思い込みという問題は、決して他人事ではありません。そこで、私たちの脳がとても思い込みが激しく、曖昧な反応をしてしまう仕組みについてご紹介します。

まとめ

私たちの脳が、いつもいかに曖昧な判断をしているのかお分かりいただけたと思います。また、とても思い込みが激しいこと。そしてその理由もご理解いただけたことでしょう。
次の動画では、モラハラの専門家たちが口をそろえる「モラハラ加害者は自己愛性人格障害である。」という点について、私の意見をご紹介します。

なお、モラハラは被害者はもちろん、家族の人生を台無しにするほど、とても大きな問題です。一人で悩んでいても解決できませんから、真剣に解決を望んでいる方は以下の小冊子をお役立てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】モラハラの本質的な解決を望まれる方は
小冊子をお役立てください

もしあなたがモラハラについて「縁を切りたい!」「離婚をしたい!」という解決策を探しているのなら、残念ですがこの小冊子は役に立ちません。

しかし、モラハラを本質的に解決したい。穏やかな日々を取り戻したい。そう願っているのなら、この小冊子はあなたにとって、とても重要です。

この小冊子をお読みになると次のことがわかります。

・モラハラの原因を理解し、解決のために移すべき行動
・加害者への接し方において、気をつけるべきポイント
・実際に夫のモラハラを完治できた方の体験談

など、モラハラ解決に必要な行動とは、多少の温度差こそあれ、どんなご家庭でもすぐに実行できる内容です。

まずは以下のボタンから小冊子をダウンロードしていただき、改善への第一歩を踏み出しましょう。


小冊子をダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*