寝られない・・・これって不眠症?不眠症の症状とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
寝れない

「布団に入ってかれこれ30分!眠たいのに寝られない・・・」

「まだ暗いけど今何時だろう?」

目を閉じておけば自然と寝られるだろう。最初はそう思っていたけれど段々と目が覚めてくる、明日も仕事だから寝なければとあせり始めて、いったい今何時なんだと時計を見ると布団に入って2時間以上たっている・・・そうこうしているうちに気付けば朝!お昼頃から睡魔に襲われて仕事にならない・・・そんな経験ありませんか?

その症状が頻繁に続くならそれは不眠症かもしれません!

症状などは人それぞれです。貴方がどの不眠症状なのか理解して頂き、どういう事に気をつければ良いのか参考にしていただければ幸いです。

1不眠症のタイプ

寝つきが悪い、朝早く目が覚めるなどいろいろなタイプの人がいるでしょう。

不眠症のタイプは大きく分けて4つあります。4つの症状の中の1つだけではなく、中には1つ2つと言う様にいくつかのタイプが混ざっている方も多いようです。

ではどう言うタイプがあるのでしょうか?

・入眠障害

・中途覚醒

・早朝覚醒

・熟眠障害

この4つが代表的な不眠の症状となります。

1-1不眠症の症状(1)入眠障害

布団(床)に入ってから1時間以上寝られない方はこのタイプに当てはまります。

基本的にストレスや悩み事が多い(抱えている)方はこのタイプが多いようです。

この症状は若い人に多く見られます。

1-2不眠症の症状(2)中途覚醒

睡眠中、夜中に何度も目が覚めたり、夜中に一度起きたらなかなか寝つけなくなる方はこのタイプに当てはまります。

日本人の成人の方では、不眠の訴えの中で最も多く、中高年の方が多いといわれています。

1-3不眠症の症状(3)早朝覚醒

朝目覚ましがなる前に起きてしまってその後寝付けなくなってしまう人はこのタイプに当てはまります。高齢者に多いのがこのタイプです。

1-4不眠症の症状(4)熟眠障害

睡眠時間を十分にとっているのに、スッキリ感がなく、ボーっとして熟睡感が得られない人はこのタイプになります。

図1

 

年齢別に統計を取ったグラフです。

タイプによって年齢も関係することがわかります。

 

 

ではこれらを引き起こす主な原因はなんでしょうか?

2不眠症状の主な原因とは

まず、考えられる大きな要因としては生活リズムや生活スタイルです。これらを改善することがとても大切だといえます。

例えば毎日のように、インスタント食品、コンビニのお弁当などを良く食べるなど偏った食事の多い方は、栄養がうまく体内に取り込めないので、体自身がもつ機能をうまく使えません。

その為、体の歯車が狂いだすことで自律神経の乱れをおこしてしまいます。

自律神経とは睡眠においてとても大切な役割を果たします。

2-1自律神経とは 

私たちの体には自律神経と呼ばれる神経があります。自律神経は私たちが意識しなくても自動で適切な状態に保つように働いてくれる神経です、心臓を動かしたり呼吸をしたり、腸を動かしたりといった様々なはたらきをしてくれています。

自律神経には緊張・興奮させる神経である「交感神経」リラックス・鎮静させる神経である「副交感神経」の2つがあります。

車で例えるなら「交感神経」がアクセルの役目、「副交感神経」がブレーキの役目を果たします。普段は日中の活動中は交感神経が優位に働きます、これにより私たちは意欲や集中力を保って、活動(行動)したりすることができます。

反対に夜は副交感神経が活性化しており、これによりゆっくりとリラックスをし、心身を休めたりする事が出来るのです。

正常であればこのように交感神経と副交感神経がうまくバランスを取り、興奮状態とリラックス状態がスムーズに行われています。しかし生活習慣の乱れや、偏った食事など何らかの原因で夜になっても交感神経が活性化したままだと、布団(床)に入っても眠りに入る事ができなくなってしまいます。

では夜になっても交感神経が活性化したままという状態は、具体的にはどのような場合に生じてしまうのでしょうか。

2-2不眠症の症状のもと!ストレスは睡眠の敵

1つは「ストレス」があります。ストレスを受けるとストレスに抵抗するため交感神経が優位に働きます。適度なストレスは交感神経を適度に活性化させるため、日中の集中力を上げたり意欲を上げたりという良い作用が得られますが、ストレスが過剰であったり長期間持続的にストレスを受け続けていると、交感神経が活性化しすぎてしまい、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいます。すると夜になっても交感神経が活性化したままになってしまい、興奮状態が続き寝付くまでに時間がかかって睡眠の妨げになってしまいます。

また実際、ストレスはうつ病や不安障害、自律神経失調症などの原因にもなります。自分なりのストレス発散方法を探し気分転換を行うことにより、より良い睡眠を得るポイントとなるでしょう。

2-3光と睡眠ホルモンメラトニンの関係

また、先ほどもお伝えしましたが不規則な生活習慣も交感神経と副交感神経のバランスを崩します。

偏った食事や寝る時間が日によって不規則であれば自律神経はバランスを保ちにくくなり、夜になっても交感神経が活性化したままの状態になりやすくなります。

また、布団(床)に入って眠りにつくまでゆっくりと横になりながら、携帯電話を触ったり、本を読んだり、テレビを見たりなどをする人は意外と多いでしょう。

ただその行為は逆に眠りの妨げになってしまうのです。

夜寝る前に、テレビや携帯電話(スマートフォン)などの光を浴びるなどの行動を取った場合は、脳内の松果体(しょうかいたい)から分泌されるメラトニン(睡眠ホルモン)が分泌されにくくなります。

2-3-1メラトニンとは

日中、強い光を浴びるとメラトニンの分泌は減少し、夜、暗くなってくると分泌量が増えます。(目覚めてから14~16時間後に分泌が始まり、体を休ませる準備をします。)メラトニンが脈拍体温血圧などを低下させることで睡眠の準備が出来たと体が認識し、睡眠に向かわせる作用があります。

また朝日を浴びるなどの規則正しい生活することで、メラトニンの分泌する時間や量が調整され、人の持つ体内時計の機能、生体リズムが調整されます。そのため不規則な生活や昼間、太陽光を浴びないような生活を続けるとメラトニンがうまく分泌されず、不眠症などの睡眠障害の原因となります。またメラトニンは幼児期(1~5歳)に一番多く分泌され、歳を重ねる毎に分泌量が減っていきます。そして歳を取るとメラトニンの分泌量が減るため、眠る時間が短くなる傾向になります。

参考:wikipediaより

上記のように睡眠とホルモンは非常に密室な関係であると言えることがわかります。メラトニンの分泌を妨げないよう夜寝る前に携帯電話やテレビなどの光を長時間浴びないように気をつけましょう。

不眠症の症状は、人によったり、また年齢なども関係すると言うことがいえます。

仕事柄ストレスが多い方や、時間がないからコンビニやお惣菜のお弁当など、手軽で簡単にすんでしまう食事をとる事が多い人は自律神経のみだれなどをおこしやすいので不眠症の症状として『入眠障害』や『中途覚醒』になりやすいので十分に気を付けましょう。

又、年齢とともにメラトニン(睡眠ホルモン)が減少してしまいます。高齢の方などは『早期覚醒』になる可能性が十分高いので、生活リズムや食生活には十分気をつけましょう。

まず、自分で改善(注意)できる事から始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

生活スタイル・食生活などを見直し、規則正しい生活を送ること、そしてなるべくストレスを解消してあなた自身におけるストレスの原因を少しでも改善していただくことが不眠症の改善できるカギなのかもしれません。貴方にとって楽しいライフスタイルが送れるように少しでもお力になれれば光栄です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝起きれない病気(起立性調節障害)は改善できる
治療改善に役立つ小冊子を無料でプレゼント

あなたのお子さんが朝起きられないのは、単なる怠けや寝坊ではなく、やっぱり病気なのでは?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、とても心配ですよね。

でも、大丈夫です。必ずあなたのお子さんの症状は良くなります。

私は、20年以上、病気に悩むお子さんやご家族と真剣に向き合い、数百人の子供たちの症状を改善してきました。

1人でも多くの子供が元気に学校へ通えるようになって欲しいという願いから、『朝起きれない病気(起立性調節障害)』の小冊子を無料で提供させて頂きます。

記事に加えて、こちらを読むことで得られることを挙げます。

  • 起立性調節障害についてより理解が深まるので、本当に病気なのかどうかを判断できる。
  • 今すぐに実践できる、子供への接し方や病気との向き合い方が分かる。 
  • 病気になった子供が、改善に向かう過程・実例が見られる。

もし、あなたの大切な家族が朝起きられないことに悩んでいるのであれば、この小冊子を症状改善の第一歩として、役立ててみませんか?


今すぐ小冊子を申し込む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*