結婚前は優しかった夫がなぜ?モラハラ夫になったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
結婚前は優しかった夫がなぜ?モラハラ夫になったのか?

夫のモラハラについての相談をいただく時、最も多いのが「結婚してすぐにモラハラ夫になってしまったのですが、原因は何なのでしょうか?」というものです。

一般に大恋愛をしてラブラブで結婚した夫婦であっても、月日が経つ間にその関係性が変わってしまうことがあると思われることでしょう。事実、「すぐにキレる夫になってしまった理由に思い当たることありますか?」というアンケートをとりましたが、モラハラ夫についての本質的な理解がまだまだだと感じています。

お互い幸せになろうと誓ったはずなのに、どこでどうすれ違うようになったのか?お悩みの方も少なくないでしょう。また、夫のモラハラについてお悩みで解決の方法をお探しの方もいらっしゃると思いますので、この記事をお役立ていただければ幸いです。

【質問】
最近すぐ怒る夫。結婚当初と変わってしまった理由はなんだと思いますか?

3

【回答数】
悪意の遺棄(家族・配偶者をほっておくこと):17
DV・モラハラ:8
セックスレス:7
不倫・浮気:6
その他:62

1.結婚前は優しかった夫が、些細なことで怒るようになったのはなぜだと思いますか?

「これだけ言っても理解できないの?」
「何回同じことを言えばわかるの?」
「これだから低学歴は困る!」
夫から妻へのモラハラとは、ひどい暴言や無視などあからさまな精神的な暴力に限りません。上記のような疑問形の言い回しを繰り返すことで、あたかも妻に非があるかのように追い詰めたりすることもモラハラです。
したがって、以下のアンケート結果では家族や配偶者をほっておくこと。セックスレス、不倫浮気を DV やモラハラと切り離して回答いただいておりますが、これらすべてがモラハラ行為の一種だと考えられます。

1-1.妻にかまってもらえない不満や仕事・会社でのストレスが原因!?

モラハラの夫にもタイプがあります。例えば…
・外出先で不機嫌になったりトラブルを繰り返しため、モラハラ夫は家族との外出の好きなのに、妻や子供は仕方なく一緒に行動している。
・妻にはモラハラな態度に終始するが、子供は溺愛している。
・妻にはモラハラな態度に終始するが、子供が目に入っていない。
・妻だけでなく子供に対してもモラハラな態度に終始する。

アンケートの結果、その他の選択肢以外では悪意の遺棄(家族・配偶者をほっておくこと)が原因だったと考える人が最も多いようでした。モラハラの夫の中には、友人との遊びや飲み会、自分の趣味に没頭したりと、家族を省みないケースが少なくありません。

・子供の中心の生活になってしまい、子育ての疲れとかでかまっていられなくなった。外出先も子供向けで恋人気分が全くないため(40代/女性/専業主婦)

・家庭の為に頑張っている夫が妻にかまわれなくなると、満たされずイライラして怒りに発展してしまうのかも。(40代/女性/専業主婦)

・仕事が忙しすぎて、家族のことまで考えられない感じ。慣れもあると思います。(40代/女性/専業主婦)

・独身時代と違い、配偶者が家族が出来、かつ会社内でも文句のいえない管理職になるなど、自由が効かないもどかしさがあるのかなと思います。(40代/女性/その他専門職)

一方で、妻が子ども中心の生活になってしまうことで満たされなくなった夫が不満をつのらせるということもあるのでしょう。一方で男性自身の仕事の忙しさ、会社で責任が増えるプレッシャーなどが原因と考える人も見受けられました。そこに独身時代とは違う家庭を守るという責任が加わることでストレスに感じてしまうことがあるのかもしれません。

1-2.DV夫、モラハラ夫になりそうな傾向が見抜けなかったかも!?

2章で詳しく紹介しますが、一般に言われる「モラハラ夫は結婚前に猫をかぶっている。正体を隠している。」というのは間違いです。アンケート結果の2番目では、DV夫、モラハラ夫だと見抜けなかったという回答でしたが、2章をお読みいただければ、それも仕方のないことだとお分かりいただけることでしょう。

・元々そういう気質のある人だったのでは?結婚した当初は新鮮味もあり、猫かぶっていたんでしょうね。だんだんその化けの皮がはがれてきたんだと思います。(30代/女性/専業主婦)

・結婚前は正体を隠していたんだと今になってわかる。モラ夫診断をやってみてもどの項目も当てはまったのでやっぱり…と言う感じだった。(30代/女性/専業主婦)

・仕事などのストレスを、私にあてているのだと思う。疲れ気味なのかも。(40代/女性/専業主婦)

・日頃のストレスをぶつける対象が妻になってしまったのだと思う。(20代/女性/専業主婦)

DV・モラハラを選んだ人の場合、性格として、もともとそういう傾向があったのでは?と感じている人が複数見受けられました。ただ実際に結婚してみるまで気づかなかったという様子がうかがえます。また日頃感じているストレスを発散する先が他になく、妻に対してDVやモラハラという形で現れるのかもしれないと考える人もいるようです。

1-3.マンネリ化や子育てに忙しくなるとセックスレスになりがち…

私ないただいてきた相談では、モラハラ夫のセックス問題は大きく二つに分かれる傾向がありました。ひとつは、以下のようにセックスレス。もうひとつは、時と場合を選ばずにセックスを強要するというものです。アンケートの結果では、セックスレスになったため、夫が些細なことで怒るようになったという回答になっています。

・結婚生活が長くなると、夫婦生活がマンネリ化してくるから。刺激が無くなってくるから。(30代/女性/専業主婦)

・兄妹のような何でも言い合える家族になってしまったため、お互い相手に対する気遣いがなくなってしまったから(40代/女性/パートアルバイト)

・子供を産んでから、夫となんとなくする気がなくなってしまってストレスなんだと思う。(20代/女性/専業主婦)

・子どもができ、家事に育児に忙しく旦那にかまっている時間がなくなったので(30代/女性/専業主婦)

夫にとっては夫婦生活がマンネリ化したり新鮮味がなくなったりしたことで不満がたまってくるということもあるのでしょう。また子どもが生まれたことをきっかけに、妻としては家事に子育ても加わり忙しくなってしまうのは仕方ないことかもしれません。しかし夫に目が向かなくなることでセックスレスになり、結果として夫の不満が増えていくということもあるのかもしれませんね。

1-4.不倫や浮気をしていると夫の心にはやっぱり葛藤もある!?

妻に対する言葉や態度による嫌がらせ、精神的暴力など、モラハラ夫の言動には倫理感のカケラすらありません。私がいただいてきた相談では、特にセックスレスのご家庭ではモラハラ夫が不倫や浮気をしているケースが多々ありました。

・自分に後ろめたさがあるので、態度に出てしまい、イライラするのかと思います。(40代/女性/パートアルバイト)

・悪いことをしているという気持ちがあって優しくしたいけど、逆にイラついてしまうのかな。(40代/女性/専業主婦)

・浮気かなと思います。気持ちが他に行ってるので、妻に対して冷たく、何かにつけてイライラするんだと思います。また、寄せ付けたくない、余計な事を聞かれたくない気持ちからも、そういった態度をするのかなと思います。(40代/女性/専業主婦)

・他に居心地のよい場所を見つけたので、すぐに怒るのかな、と思う。(30代/女性/会社員)

不倫や浮気をしていた場合、後ろめたさや悪いことをしているという意識が怒りっぽくさせるのでは?と考える人が複数見受けられました。また妻のいる家庭よりも居心地のいい場所を見つけてしまったことで、夫自身の心の中に葛藤もあるのかもしれませんね。そうした気持ちがイライラを引き起こすこともあるのでしょう。

2.結婚前にモラハラ夫が優しかった理由とは?

詳しくは「モラハラの2大原因!脳の栄養不足と体調不良を理解しよう!」をお読みいただければわかりますが、モラハラの原因は大きく二つあります。
1.脳の栄養不足
2.体調不良
また、寝不足なども夫がモラハラになる原因となりますが、体調不良や寝不足も栄養不足に繋がることは容易に想像できると思います。要は疲れている。これが夫がモラハラになる原因で、これを脳科学で説明すると次のようになります。

2-1.モラハラ夫の脳では、はじめから不満の感情が居座っている!

脳には扁桃体と呼ばれるセンサーがあります。この扁桃体は五感からの情報はもちろん、体の内部情報を常に監視しています。そしてその上方を「快」か「不快」か、大ざっぱに評価しています。
お腹がすけば誰もがイライラします。また、風邪をひいたりすれば誰でも表情が乏しくなります。さらに、寝不足になれば元気がなくなり、些細なことにイラっと反応することになる。これは誰にでも経験があると思います。栄養不足や体調不良、寝不足という内部情報でこの扁桃体が「不快」と評価するのが自然なことです。
つまり、モラハラ夫の脳では、このイライラという感情がはじめから居座っています。そのイライラという感情に、妻の表情や声など視覚・聴覚の情報が上書きされ、本人も勘違いと自覚せずに不機嫌に振る舞っているのがモラハラなのです。
※詳しくはモラハラの原因でご確認ください。

2-2.結婚前に優しかったのは脳の報酬系の働きです!

・車の運転が乱暴だった。
・私には優しかったが、店員さんなどにはよくクレームをつけていた。
・政治や社会などに対し、よく不満を言っていた。

結婚前にもしこのような覚えがあったのなら、あなたの夫はその時からモラハラな傾向がありました。ではなぜ、妻になるあなたには優しかったのでしょうか?モラハラの専門家が言うように、本当に正体を隠していたのでしょうか?

2-2-1.「こうすれば結婚してくれるかも?」という脳の予期報酬は快感です!

この理由も脳科学から考えれば簡単です。脳には報酬系という回路があり、ここが反応すると快感物質のドーパミンが分泌されるため、その強力な作用により「不快」な気分など一掃されます。特にこの報酬系は予期報酬、「こうすれば〇〇ができるかも…」といったときに強力に働きます。
例えば、いつもは朝起きが苦手な人でも楽しみにしていた旅行の朝、目覚まし時計もなしに目が覚めることがあります。「明日になれば楽しみにしていた旅行に行ける。」と報酬系が働き、ドーパミンが分泌されているためスッキリ目覚めることができます。
ならば、結婚前のモラハラ夫の報酬系はなおさらのこと強い快感に満たされていることが想像できるはずです。
・このレストランに連れて行けば気に入ってもらえるかもしれない。
・このデートコースなら俺のことを好きになってくれるかも…
・このプレゼントなら喜んでくれるだろう!
ドーパミンの働きにより脳が快感に満たされると、モラハラな夫でもとてもマメで優しくなります。またこの時、モラハラ夫も楽しくて仕方がありません。これは、趣味などにのめり込んでいるモラハラ夫をお持ちの奥さんならおわかりいただけることでしょう。

2-2-2.結婚したら報酬系の働きはどんどん弱くなります!
しかし、結婚するとこの報酬系の働きは失われます。なぜなら、繰り返しますが報酬系は「予期報酬」こうすれば…という時に強く働くため、初めは多少の余韻があったとしても徐々にその働きは失われていることになります。

すると、ドーパミンによる強い快感で打ち消されていた感情がよみがえります。深いという感情が脳に居座り、視覚や聴覚からの情報がそこに上書きされ、本人も自覚しないまま勘違いして不機嫌に振る舞ってしまう。これがモラハラです。

3.夫のモラハラ問題を解決する方法とは?

脳の栄養不足や体調不良、寝不足などがモラハラの原因です。決して、人格や性格の問題ではありませんから、モラハラの解決も簡単です。ただし、中にはすでに夫のモラハラに疲れ果て悩み切ってしまったり、離婚を望む方もいらっしゃることでしょう。そんな方は、以下にご紹介した別記事を参考にしてください。

1.無料電話相談もできる公的機関も!モラハラの相談窓口まとめ

2.【モラハラは治せる】諦めないで!今日から出来るモラハラの治療方法まとめ

3.モラハラは離婚をするしかないの?モラハラ離婚【まとめ】

 

まとめ

結婚後、すぐにモラハラ夫に豹変したのなら、ご主人は結婚前からモラハラな人。また結婚後、時間を経てモラハラになったのなら、仕事が忙しくて食事がおろそかになったり、疲れがたまったり、寝不足などが重なった結果です。
ご紹介したアプローチにより、モラハラは必ず解決できます。また、すでに夫のモラハラ問題を解決された方は皆、次のような事を口にされていることを最後にお伝えします。
「普段の夫は本当に優しくなり、全く問題がなくなりました。たまにイライラすることはありますが、そんな時は『疲れているんだな~』と思えるようになり、サプリメントを余分に飲ませたり、早く寝させるようにしています。」

なお、モラハラは被害者はもちろん、家族の人生を台無しにするほど、とても大きな問題です。一人で悩んでいても解決できませんから、真剣に解決を望んでいる方は以下の小冊子をお役立てください

■調査地域:全国
■調査対象:【性別】女性 【結婚】既婚
■調査期間:2015年09月15日~2015年09月29日
■有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】モラハラの本質的な解決を望まれる方は
小冊子をお役立てください

もしあなたがモラハラについて「縁を切りたい!」「離婚をしたい!」という解決策を探しているのなら、残念ですがこの小冊子は役に立ちません。

しかし、モラハラを本質的に解決したい。穏やかな日々を取り戻したい。そう願っているのなら、この小冊子はあなたにとって、とても重要です。

この小冊子をお読みになると次のことがわかります。

・モラハラの原因を理解し、解決のために移すべき行動
・加害者への接し方において、気をつけるべきポイント
・実際に夫のモラハラを完治できた方の体験談

など、モラハラ解決に必要な行動とは、多少の温度差こそあれ、どんなご家庭でもすぐに実行できる内容です。

まずは以下のボタンから小冊子をダウンロードしていただき、改善への第一歩を踏み出しましょう。


小冊子をダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*