えっ扇風機でモラハラ悪化?キレる旦那にムカつくなら要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「7月に入ってから、突然昔の旦那のようにイライラしてキレるようになりました。先生にご相談してからモラハラだった旦那がキレなくなり、人が変わったかのように穏やかになっていたのですが、何が悪かったのでしょうか。」
「暑くなってしばらくしてから明らかにイライラしています。冷たいものも取っていないし、先生からいただいた注意でモラハラは治り、その後はキレることもなくとても穏やかだったのに…。元に戻ってしまったのでしょうか。」
別記事でもご紹介していますが、モラハラの原因は大きく二つ。ひとつは、脳の栄養不足。そしてもうひとつは、体調不良(睡眠不足を含む)です。この二つは1年を通して注意すべき事柄ですから、モラハラでご相談をいただいたご家庭ではその注意は忘れずに守ってくださっいます。その一方で、季節限定の注意があるのですが、モラハラは改善されたからこそ、気が抜けてそういった注意をついつい忘れてしまうようです。
実は、このブログのタイトルの通りですが、扇風機の風に当たり続けるとモラハラは必ず悪化します。イライラしたり、些細なことでキレやすくなります。とくに、寝ているときに扇風機を使う習慣があるのなら注意が必要です。マチガッても扇風機の風を体に当てて寝てはいけません。もし、一晩でも風を当て続けて寝てしまったら、夫は翌日の朝には冒頭のようにモラハラとなって起きてくることでしょう。それほど、寝ているときに扇風機の風を体に当てるのは危険なこと。
もし、モラハラな旦那が扇風機をかけて寝る習慣があるのなら、この動画をご覧いただきそのメカニズムを理解してください。なぜモラハラが悪化するのか?その理由を理解し、問題解決にお役立てください。

まとめ

 なぜ、扇風機の風を当てたまま寝てしまうとモラハラが悪化するのか?その理由がお分かりいただけたと思います。また、扇風機でモラハラが悪化すること。誰もがキレやすくなったり落ち込んだりしやすくなることから、モラハラの加害者は決して自己愛性人格障害者などではないことがわかります。
この記事を書いているのが6月14日。静岡は、気温が27度。まだ湿気がないので風さえあれば気持ちよく過ごせますが、いずれにしてもそろそろ扇風機を使う季節です。少なくとも、扇風機の風は体に当てず、風が回り込むような形で利用することをお勧めします。
なお、以下に私の書いたモラハラの小冊子をご紹介しております。無料でご利用いただけますので、併せて問題解決にお役立てください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】モラハラの本質的な解決を望まれる方は
小冊子をお役立てください

もしあなたがモラハラについて「縁を切りたい!」「離婚をしたい!」という解決策を探しているのなら、残念ですがこの小冊子は役に立ちません。

しかし、モラハラを本質的に解決したい。穏やかな日々を取り戻したい。そう願っているのなら、この小冊子はあなたにとって、とても重要です。

この小冊子をお読みになると次のことがわかります。

・モラハラの原因を理解し、解決のために移すべき行動
・加害者への接し方において、気をつけるべきポイント
・実際に夫のモラハラを完治できた方の体験談

など、モラハラ解決に必要な行動とは、多少の温度差こそあれ、どんなご家庭でもすぐに実行できる内容です。

まずは以下のボタンから小冊子をダウンロードしていただき、改善への第一歩を踏み出しましょう。


小冊子をダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*