共倒れを防ぐ!いまさら聞けない介護施設に入所するための基礎知識とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「親を施設に入所させたいけどどうしたらいいか分からない」

「介護の専門家の言っている事が理解できない」

「施設の種類が多すぎて分からない」

 

このように介護施設の種類は増え、その数も年々増えているのにも関わらず利用する方があまりよく理解できていないのが現状です。理由は介護の制度が複雑になっており一般の方はなかなか理解しがたいものになっているからです。

今回の記事では、例えば介護で面倒を見れなくなり困った場合にどこの施設にいれるのがよいのか?など

介護の専門職(ケアマネージャーなど)に相談する場合にご自身の知識もある程度あれば話もスムーズに進みます。

ぜひ、ご活用頂ければ嬉しいです。

1.介護保険サービスを受けるまでの流れ

基本的な介護保険サービスの認定から利用開始の流れまで確認しましょう。

1-1.相談

まずは、社会福祉士や保健師などが在籍し、情報の宝庫ともいわれる「地域包括支援センター」で相談しましょう。介護保険サービスや各自治体が行っているサービスが豊富にあります。お一人お一人にあったサービスを提供してくれますのでまずは相談に行かれてください。地域によっては「高齢者あんしんセンター」などと名称が異なる場合がありますので注意しましょう。

なかには始めてこの施設の名前を聞かれた方もいらっしゃるかと思います。どこにあるか分からない場合は近くの役所に「地域包括支援センターはどこにありますか?」と問い合わせてみてください。

1-2.申請

例えば、親が認知症で介護保険を利用するには、親の住んでいる市町村で申請する必要があり各役所の窓口か、地域包括支援センターで申請できます。

また、申請前に「チェックリスト」の記載を求められ暮らしぶりや身体機能などを確認されることもあります。介護保険サービスを使いたい場合には遠慮せずに申請の意思を伝えましょう。もし、家族が遠方に住んでいたり、仕事で手続きができない場合には、電話をすれば地域包括支援センターの担当者が申請者のもとへ出向いて代行申請してくれます。

1-3.調査

申請が受理されると、行政から委託された地域の調査員が自宅を訪れて、要介護者と面談をする「認定調査」があります。この「認定調査」では、管理能力と身体能力などの生活環境をチェックするものです。普段の様子がわかる家族が付き添い現状を正しく伝えるためにしっかりと準備が必要でしょう。

1-4.認定

調査が済み、どの程度の介護が必要な状態かを判定する「要介護認定」が行われたあと、「要介護度区分」が決定します。その後、通知が届きサービスを利用するために、どんなサービスをどの程度利用するか計画する「ケアプラン」を作成する必要があります。これはケアマネージャーが専門知識を活かして作成することがほとんどです。

1-5.ケアマネージャー

ケアマネージャー選びは最大の難関です。認定されたら「ケアプラン」の作成はもちろん利用料の管理まで任されるのがケアマネージャーです。「居宅介護支援事業所」に所属しておりいくつかの事業所に電話をかけて対応に好感を持てた人と、親の家で顔合わせをして契約するパターンが一般的です。良い人そうだ!と感じたら契約して、ケアプランを作成、サービス利用始めてみるのはいかがでしょうか。

選び方のポイントとして、認知症の知識や介護経験が豊富な人はいないか地域包括支援センターに相談する方法もあります。さらに利用後でも別の人に変更することも可能です。

1-6.利用開始

ここから様々な介護サービスが受けられます。利用するためにはケアマネージャーと相談して「ケアプラン」を作成してもらいましょう。普段から不安に思うことや、親のニーズを確認して伝えましょう。要支援の場合には、地域包括支援センターの職員がケアプランを作成します。サポートして欲しい事や受けたいサービスを明確にしましょう。

2.要介護区分と身体状態の目安とは?

この章では、要支援、要介護の区分と身体状態について簡単にご紹介しております。どの程度生活に不便があるのかここで確認されるのも良いでしょう。

2-1.要支援

「要支援」とは、「現在、介護の必要はないが、将来的に要介護状態になる可能性があるので、今のうちから支援をしよう」という状態をいいます。年齢とともに人間の身体機能は衰えてしまいますが、適切な対策を行いますと、身体機能の維持をはかることができます。このことを「介護予防」といい、要支援認定を受けた方は、介護予防の支援を受けることができます。介護予防サービスを受けることで、身体機能の高齢化を緩やかにすることを目指します。

2-1-1.要支援1とは?

要支援1とは、日常生活の能力は基本的にあるが、要介護状態とならないように一部支援が必要な方です。一番軽い状態の方の区分です。

2-1-2.要支援2とは?

要支援2とは、立ち上がりや歩行が不安定。排泄、入浴などで一部介助が必要だが、身体の状態の維持または改善の可能性がある。

2-2.要介護

「要介護」とは、「現在、介護サービスが必要である」という状態です。要介護認定を受けることで、自宅での生活が困難である場合には、施設に入居して介護サービスを受けることができます。また、自宅での生活を続ける場合には、居宅介護サービスを受けることもできます。

2-2-1.要介護1

要介護1とは、立ち上がりや歩行が不安定。排せつ、入浴などで一部介助が必要な方です。

2-2-2.要介護2

要介護2とは、起き上がりが自力では困難。排泄、入浴などで一部または全介助が必要な方です。

2-2-3.要介護3

起き上がり、寝返りが自力ではできない。排せつ、入浴、衣服の着脱などで全介助が必要である方。

2-2-4.要介護4

日常生活能力の低下がみられ、排せつ、入浴、衣服の着脱など多くの行為で全介助が必要である方。

2-2-5.要介護5

介護なしには日常生活を営むことがほぼ不可能な状態。意思伝達も困難。

ここでは、要支援、要介護の違いについて介護の基本から見ていきました。次は、施設について説明していきます。

3.介護型?住宅型?からみる介護施設の概要

介護施設の名前は色々聞くけどどの施設が良いのか?自分なりに知りたい。

もしくは、ケアマネージャーとの会話でいろいろな施設がでてくるけどよくわからない。

など介護アレルギーの方も多いと思います。基本的な事から再度確認していきましょう。

3-1.介護型

介護型(介護付き)の介護施設のメリット、デメリットを見てみましょう。

【メリット】

・24時間体制の介護サービス

・医療面のサポートも充実

・毎月の支払いがイメージしやすいので、安心

【デメリット】

・他の介護保険サービスは併用できない

・他のご入居者の状態によっては、環境に馴染めないケースがある

・自立の方であっても介護サービスの費用負担が必要

介護付有料老人ホームは、介護サービスの充実だけに限らず、医療ケアの体制や設備も兼ね備えている施設もあり、安心してご家族を預けることができます。また、月額は割高にはなりますが、毎月の支払いイメージがし易い点も、ホームでの生活を続けていく上で重要なポイントです。

しかし一方で、毎月介護サービスを受けるにあたり、介護保険の利用限度額まで使うため、介護保険を利用した外部サービスは利用できません。また、介護度の重い方が多い施設に介護度が低い方が入居すると、環境に馴染めないこともあるかもしれません。

参照:介護サポーターズ

3-1-1.特別養護老人ホーム(特養)

要介護3以上の方が対象。

原則、介護保険の要介護3以上が入居条件となる。認知症などにお対応しており、看取りまで行うところが増えている(65歳以上)。

3-1-2.老人保健施設(老健)

要介護1以上の方が対象。

病院と自宅の中間施設。リハビリで、在宅復帰を目指すことを目的としているほか、特別養護老人ホーム入居の待機場所として利用するケースも多い(65歳以上)。

3-1-3.介護療養型医療施設(療養病床)

要介護1以上の方が対象。

病院なので医学的ケアが充実しているが、入居が難しく、施設数が減少しており空きがすくない(65歳以上)。

3-1-4.介護付き有料老人ホーム

要支援1以上の方が対象。

24時間体制で介護を受けることができる。重度の人も入居可能だが、利用料金が高めの所が多い。

3-1-5.介護型サービス付き高齢者向け住宅(介護型サ高住)

要支援1以上の方が対象。

都道府県から「特定施設生活入居者介護」の指定を受けた「サ高住」。手厚い介護体制は整っているが自由度は低い。

3-1-6.グループホーム

要支援2以上の方が対象。

地域に住んでいる認知症の人だけが入居できる家庭的な施設。少人数で共同生活を送る。

3-1-7.ケアハウス

要支援1以上の方が対象。

24時間体制で介護を受けることができるケアハウス。重くなっても住み続けることが可能である。

3-1-8.小規模多機能型居宅介護施設(小規模多機能)

要支援1以上の方が対象。

自宅に住みながら「日帰り」「宿泊」「訪問」の3つのサービスを受けることが出来る。

3-2.住宅型

住宅型の介護施設のメリット、デメリットを見てみましょう。

【メリット】

・介護サービスを自分で選べる。(要介護度に関係なく選べる)

・これまで利用していた介護業者を継続できる

・高級志向など、選べる施設のバリエーションが豊富

【デメリット】

・緊急時の介護の対応が難しい

・要介護度が重くなると月々の負担が割高になる可能性がある

住宅型有料老人ホームは、住宅と同じように「訪問介護」を受けたりデイサービスなどに通ったりするので、自分の好きな介護サービスを選択でき、施設に入る前に利用していたサービスを継続することができます。また、住宅型サービスは高級志向のホームから一般向けまで種類が豊富で、多様な老後の生活を選ぶことができます。

しかし、24時間体制の介護サービスではないため、訪問介護では対応していない時間帯で急な介護サービスが必要になったときなどは、別途施設で定めた実費費用が掛かるケースもあります。また、入居中に要介護度が重くなり、外部サービスの利用頻度が高くなれば、その分月々の負担額も大きくなります。

また、認知症の患者さんの受け入れが難しい場合が多いのが現状です。

参照:介護サポーターズ

3-2-1.住宅型有料老人ホーム

料金設定や提供されるサービスは、個々に大きく異なります。介護は個別に契約して利用することになる。

3-2-2.サービス付き高齢者向け住宅

安否確認と生活相談サービスを提供する。介護が必要になると個別に契約して利用することになる。

3-2-3.ケアハウス

諸事情により在宅が困難になった人向けの施設。入居者の所得に応じて補助があるのでも低所得者も入居しやすい。

3-2-4.シルバーハウジング

バリアフリー対応がなされた公的な賃貸住宅。既存の公営住宅などを改修して設置してるところが多い。

参考文献:『高齢者施設 お金・選び方・入居の流れがわかる本』太田差恵子著(翔泳社)

4.要介護者の希望から探す介護施設とは?

『自宅にいたい』

『施設で過ごしたい』

『ずっと自宅にいたい』

介護保険で使えるサービスは複数あるので、それぞれの違いを知り、個人の希望に沿ったものを選びたいものです。

4-1.ずっと自宅にいたい

『どうしても自宅で最後まで過ごしたい。』ご家族の負担を減らす様々なサービスがありますぜひ生活にあったサービスを検討されるとよいでしょう。

4-1-1.訪問介護

ホームヘルパーが自宅を訪問し、排せつや入浴、清掃、体位交換などの身体介護をします。

買い物や調理など生活支援もします。

4-1-2.訪問看護

看護師が自宅を訪問し、医師の指示に沿って医療的な処置や医療機器の管理、血圧や脈拍のチェック、床ずれのケアなどをします。

4-1-3.訪問リハビリ

理学療法士や言語聴覚士などの専門職が自宅を訪問し、心身の状態や環境に応じたリハビリを行い、機能の維持・向上をはかります。

4-1-4.訪問入浴介護

寝たきり状態などで移動が難しい場合、自宅にバスタブを持ち込み、看護士が状態を確認したうえで入浴サービスが受けられます。

4-1-5.居宅療養管理指導料

通院することが困難な人を対象に、医師や看護師などの専門職が自宅を訪問し、健康管理や指導をおこなう往診介護サービスです。

4-2.通所で泊まりたい。数日泊まりたい。

『たまには預かってもらいたい・・・』

『気晴らしに施設に預けたい』

ご家族の介護で悩まれている方はこのような施設をご利用いただければ少しは楽になるでしょう。

4-2-1.デイサービス

送迎付きで自宅から施設に通い、入浴や食事、レクリエーション、趣味活動、機能訓練などのサービスを受けることが出来ます。

4-2-2.通所リハビリ

送迎付きで施設に通い、日常の世話とともに、理学療法士や作業療法士の指導によるリハビリを受け、機能の維持や向上を図ります。

4-2-3.ショートステイ

施設に短期間(30日以内)入所して、日常生活の世話やリハビリなどを受けます。

家族の介護疲れ予防に利用することもできます。

4-2-4.特定施設入居者介護

介護保険の指定を受けた介護付き有料老人ホームなどで暮らしながら、介護計画に沿って排せつや入浴、食事などの介護を受けます。

4-2-5.小規模多機能

可能な限り自立した生活を送れるよう、通所を中心に短期宿泊や自宅への訪問を組み合わせて生活の支援や機能訓練をおこないます。

4-2-6.介護老人保健施設(老健)

病院を退院したけれど自宅での生活が困難な人が対象、施設に宿泊入所して自立を目指した看護、介護、リハビリを行います。

4-3.施設で過ごしたい

『近くに世話できる家族がいない・・・』

『本人が施設で過ごすと言っている』

様々な特徴ある施設がありますので、

3.介護型?住宅型?からみる介護施設の概要

も参考にしながら見て頂ければと思います。

4-3-1.特別養護老人ホーム

日常生活で常に介護が必要にも関わらず、自宅での介護が難しい人が入所し、介護を受けます。終身利用することもできます。

4-3-2.認知症グループホーム

一般の住宅でスタッフが食事や排せつ、入浴などを介助しながら、少人数(1ユニット9人まで)で共同生活を送ります。

4-3-3.有料老人ホーム

高齢者向けに配慮された住まいで、スタッフが駐在し、食事や介護サービス、家事援助、健康管理などを受けることができます。

4-3-4.介護療養型医療施設

急性期の治療は終わったけれど長期療養が必要な高齢者が入所。日常生活の支援や看護、介護を受けられます(2018年3月末まで)

5.まとめ

介護の制度はこれからますます複雑になっていきます。今回の記事でも書かせて頂いたように様々な施設が作られ選択肢は増えた一方、一般の方には理解が難しくなっています。

もし、介護が必要になったら・・・

または、今まさに介護の事で悩んでいる!

という方がいらっしゃったら少しでも施設の事を理解しておくことをおススメ致します。

介護を受ける方に合わせた施設を選ぶことができれば、自分の介護ストレスも軽減できるはずです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

海外旅行が好き。海外旅行を計画されている方へ!

自己破産

テレビや新聞などで耳にしたことはあるものの、身近で自己破産をしたという話はめったにないと思います。しかし、昨年3名、一昨年2名の私のお客様が自己破産しました。

・3名の方は若者で、カナダでスノーボードで頸椎や脊髄を骨折。治療費や入院費、家族の渡航費用などでご家族が自己破産をされました。

・70代の男性は、ヨーロッパにトレッキング旅行に出かけ、到着後すぐに脳梗塞。こちらは、息子さんが自己破産をされています。

もう一人の方は、思い出したくないと言って理由はお話にならなかったのですが、まだ30代前半の女性でしたので、きっと両親のいずれかが原因だと思われます

原因は海外旅行保険に加入していなかったから。そして、突き付けられた治療費を目の当たりにして、そのショックからうつ状態(うつ病ではない)となり私を訪ねていらっしゃいました。幸い、どなたも我をとり戻されましたが、かかった治療費がなくなるわけではありません。そのため、不動産などを処分した後、自己破産を選択されました。

 

こんな話を聞き、私はあらためて自分が旅行したときの保険を確認してみました。というのも、私も「カードに旅行保険がついてるから!」と、旅行保険に加入せずに海外旅行に出かけていたからです。そして、私はカードで保証されている保険金額を確認し、愕然としました。なぜなら、「ゴールドカードだから…」と高をくくっていましたが、病気やケガの補償はたったの300万円だったからです。

実は、先日あるお客様が海外旅行に出かけるというので、今回のようお話をさせていただきました。すると、このお客様から、海外旅行保険をお得にカバーする方法についてのサイトを教えていただきました。海外旅行を計画されている方。旅行保険について、私と同じように高をくくっていた方はお役立てください。


海外旅行保険節約サイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*