可愛いはずの子どもになぜ虐待してしまうのか?児童虐待の実態とその対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
児童 虐待

児童虐待という言葉を聞くと、「えっ?可愛いはずのわが子に虐待なんてありえない!」と思われる方がほとんどだと思います。

しかし、悲しいことに最近はニュースでもよく見かけるようになりました。そして児童虐待の相談件数も年々増加しています。

「上の子を下の子と同じようにかわいがることができません…」

「一度感情が高ぶると我を忘れてしまいます」

「○○さん家のあの子、服の下にアザのようなものが見えたけど…」

「隣の家の子は夜中にすごく泣くし、虐待されているみたいだけどどうしたら…」

このように虐待で悩んでいる方や、虐待を見かけたがどうしていいのか分からないという方に、今回の記事をお役立て頂けたら幸いです。

1.そもそも児童虐待とは

児童虐待とは、児童の周囲の人間(保護者、学校教師、施設職員など)が、児童に対して虐待を加える、もしくは育児放棄することを指します。幼児の場合は特に「幼児虐待」といいます。

児童虐待を行う親は「虐待親(ぎゃくたいおや)」(もしくは「虐待母(ぎゃくたいはは)」「虐待父(ぎゃくたいちち)」)と呼ばれます。虐待母は「鬼母(きぼ)」とも呼ばれることもあります。

今回の記事では、児童虐待の分類も含めて、その現状と原因および対策についてご紹介していきます。

2.児童虐待は4つのタイプに分類できる

児童虐待は身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待の4つに分類することができます。

2-1.児童虐待のタイプ(1)身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束するなど

2-2.児童虐待のタイプ(2)性的虐待

子どもへの性行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にするなど

2-3.児童虐待のタイプ(3)ネグレクト

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かないなど

2-4.児童虐待のタイプ(4)心理的虐待

言葉による脅し、無視、兄弟間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるうなど

3.虐待の現状

日本における児童虐待の現状として、相談件数、相談内容、虐待の主な加害者の3つについてご紹介します。

3-1.虐待の現状(1)相談件数

虐待の相談件数は年々増加の一途をたどっており、日本における児童虐待相談件数は統計が開始された平成2年度の1101件から比べると、平成27年度では103260件とおよそ94倍にまで増加しています。

3-2.虐待の現状(2)相談内容

身体的虐待、ネグレクト、性的虐待、心理的虐待のすべてにおいて相談件数自体は増加しています。しかし、総数に占める割合に関して、昔は身体的虐待の割合が一番だったのに対して、現在では心理的虐待の割合が一番大きくなっています。

3-3.虐待の現状(3)虐待の主な加害者

虐待の加害者には実父・母、実父・母以外の父・母などがおり、ほとんどを実父と実母が占めます。そのうち、およそ60%を実母が、30%を実父が占めています。やはり一番身近な肉親である母親からの虐待が多いようです。

4.児童虐待の原因

児童虐待は、多くの場合、

保護者側のリスク要因

子ども側のリスク要因

養育環境のリスク要因

これらの3要因が複雑に絡み合って起こると言われています。以下に詳しくご紹介します。

4-1.児童虐待の原因(1)保護者側のリスク要因

妊娠、出産、育児を通して発生するもの、保護者自身の性格や、精神疾患などの心身の不健康から発生するものなどがあります。

例)
・望まない妊娠で、妊娠そのものを受け入れられない

・生まれた子どもに愛情を持てない

・保護者が未熟で、育児不安、ストレスが蓄積しやすい

・マタニティブルー、産後うつ病、精神障害、知的障害、慢性疾患、アルコール依存、薬物依存等により、心身が不安定になりやすい

・保護者自身が虐待経験を持っている

・攻撃的な性格、衝動的な性格

4-2. 児童虐待の原因(2)子ども側のリスク要因

手がかかる乳児期の子ども、未熟児、障害児などのほか、子どもの側に何らかの育てにくさがある場合などがあります。

例)
・かんしゃくが激しい

・発達障害

4-3. 児童虐待の原因(3)養育環境のリスク要因

複雑で不安定な家庭環境や家族関係、夫婦関係、社会的孤立や経済的な不安、母子の健康保持・増進に努めないことなどがあります。

例)
・家族や同居人、住む場所が変わるなど、生活環境が安定しない

・家庭内で、夫婦の不和やDVが起こっている

・親戚や地域と関わりを持たず、孤立している

・失業や仕事が安定しないなどで、経済的に行き詰っている

・母子共に必要な定期健診を受けていない 

5.児童虐待を減らすためには

国や市町村、地方自治体ほど大きい組織でないかぎり、私たち個人が取り組むことのできることは限られているのが現状です。しかし、個人の取り組みでも児童虐待を防ぐことができます。以下に個人でもできる対策についてご紹介します。

5-1.虐待を受けた・見かけたときの然るべき機関への通告の徹底

児童虐待は防止することはもちろんですが、深刻化する前の早期発見・早期対応も重要です。

・体に殴られたようなあざや切り傷をつけた子どもがいる

・汚れた服を着て食事を与えられていないような子どもがいる

・子どもが冬の時期に家の外に長時間出されている

・子どもの姿は見たことがないけれど、火がついたように泣いているのがいつも聞こえる

・小さな子どもを残して両親がいつも外出し、食事や世話を十分にしていない

このように、著しく様子がおかしい、適切な養育を受けていない子どもがいるようだ、などと気づいた方は地域の児童相談所に通報してください。事実を目で確認しなくても、匿名でも通報することができます。

以下に虐待を受けている本人が直接相談できる窓口も併せてご紹介いたします。

相談窓口一覧

・全国児童相談所

児童相談所は、18歳に満たないすべての子どもを対象とし、児童虐待をはじめ、福祉や健全育成に関する諸般の相談に応じています。

・子どもの虐待ホットライン

TEL:06-6762-0088
受付時間:月曜~金曜 11:00~17:00

子どもの虐待ホットラインは、児童虐待防止協会が運営している電話相談窓口です。子どもの虐待、子育て、親子関係についての悩み、助けや情報が必要な人たちに、福祉・心理・医療・保健・教育・保育の資格を有する専門家が相談を受け付けています。匿名での相談が可能で、相談内容についての秘密は厳守されています。

・子どもの虐待防止センター

TEL:03-5300-2990
受付時間:月曜~金曜 10:00~17:00
       土曜    10:00~15:00

子どもの虐待防止センターでは研修を受けた女性の相談員が虐待の相談、子育ての悩みなどを受け付けています。匿名での相談が可能で、相談内容に関しては秘密を厳守しています。

・法務省インターネット人権相談受付窓口

ここは、人権相談をインターネットで受け付けているサイトになります。相談フォームに氏名、住所、年齢、相談内容等を入力して送信すると、最寄りの法務局から後日メール又は電話で回答します。悩みごとや困りごとについて、ひとりで悩まず、気軽に相談が可能です。

・子どもの人権110番

TEL:0120-007-110
受付時間:平日8:30~17:15

親に虐待されていて毎日がつらい…でも先生や親には言えない、どうしたらいいかわからないといった悩みを抱えている子どものための相談ダイヤルです。大人のご利用も可能です。相談は無料、秘密は厳守で、法務局職員または人権擁護委員が相談に対応します。

・チャイルドライン

TEL:0120-99-7777
受付時間:月曜~土曜 16:00~21:00

チャイルドラインは、18歳までの子どものための相談先です。かかえている思いを誰かに話すことで、少しでも楽になるよう、気持ちを受けとめます。子どもの思いや考え方を大切にする、家族のような親身な相談先です。

・各地域の保健所

保健所や保健センターは、地域の保健や衛生などに関することに幅広くかかわっており、その役割の一つに相談も含まれます。訪問や健康診査などで援助の必要が感じられた子どもや家族には、継続的な援助を行います。個別相談のほか、親子で参加できるグループ活動を実施しているとこるもあり、また、孤立した子育てにならないように親同士のグルーフ活動を支援しています。

5-2.育児ストレスの改善

育児にストレスはつきものです。しかし、そのストレスが本人へ肉体的・精神的ダメージを与えるほど大きい場合、そのストレスのはけ口が本来はかわいがるべきである子どもに向けられてしまうことがあります。

そうなるまでストレスを溜めこまないようにすることが大切です。以下にストレスを溜めこまないための方法をご紹介します。

5-2-1.育児ストレスを軽減する方法(1)パートナーやママ友、パパ友に相談する

自分と同じ境遇や考えを持った人と話をするだけでも気が楽になったり、ストレスが解消されることは確かです。様々な情報を共有することで、子育てのヒントが見つかり、育児の負担が減ることもあるかもしれません。

育児を共に行うパートナーは一番身近な存在であり、そのパートナーとのコミュニケーションは特に重要です。一人で抱え込まず、まずはパートナーとコミュニケーションをとることから始めてみましょう。

5-2-2.育児ストレスを軽減する方法(2)親に頼る

母親というものは自分の子供に対してとても責任感が強く、ひとりですべてやらなければ…と抱え込んでしまう傾向があるようです。そのため、本当の自分の肉体的・精神的限界のラインを越えてしまう方も少なくはないようです。

「自分はまだ大丈夫」と思っていても、そのときにはすでに限界を超えていることもあります。そうならないためにも、「自分はまだ大丈夫」と思った時、もしくは、そう思う前に親を頼ってみましょう。

親にみてもらうことで休む時間や自分の時間が確保できたり、他に助けてくれる人がいるという安心感が得られ、育児のプレッシャーから解放されることでしょう。

5-2-3.育児ストレスを軽減する方法(3)幅広い栄養を十分に摂る

人間はストレスを受けると副腎という臓器からアドレナリンが分泌されます。これは、血糖値を上げ、エネルギーを増やすことでストレスに対抗しようとしているためです。このアドレナリンが作られる過程でビタミンCは補酵素として働いています。

このことから、アドレナリンの分泌量が増えれば増えるほど、つまりストレスが長く続くほどビタミンCの消費量が増えることになります。つまりストレス時には十分なビタミンCが必要だということです。

ストレスが続くとコルチゾールが副腎で合成されます。この副腎の機能を助け、コルチゾールの合成を促す働きをするのがパントテン酸です。そのほかにもカルシウムやマグネシウムが不足してしまうと神経が興奮しやすくなるため、イライラしやすくなってしまいます。

マグネシウムはそのほかにも精神を安定させる神経物質であるセロトニンが作られる過程で必要であり、また、副腎の機能を助ける働きも持っています。

ストレス時には、いまご紹介した栄養素だけでなく様々な栄養素が様々な過程で関わり合い消費されています。そのため、育児ストレスのような非常に大きなストレスを受けている状態では、様々な栄養素が大量に消費されている、いわゆる栄養失調の状態といっても過言ではありません。

これらのことから、食生活を見直すことはもちろんのこと、幅広い栄養を十分に摂ることがストレス軽減の第一歩となります。

5-3.近所や地域の人との交流

近所の人たちとの交流を深めることで、何か困ったときに相談しやすい環境ができ、問題解決やストレス解消につながったり、子どもの虐待が起きていた時に近所の人たちが気づきやすくなり、未然に防いだり早期発見につなげることができるようになります。

そのためにも近所や地域の人たちと積極的に交流していくことが大切です。

6.まとめ

児童虐待は年々増加しており、なかには目を覆いたくなるような事例が存在します。児童虐待の被害を減らすためには、虐待の予防と早期発見・早期対策が非常に重要です。

そのため、今回の記事でご紹介した、

・相談窓口をご利用していただくこと

・育児ストレスを改善すること

上記の2つを実行していただくことで、児童虐待を減らすことができると考えています。

今回の記事を読まれた方のお悩みが解決し、世の中で起きている虐待を受けている子どもが少しでも減ることを切に願っております。

参照HP:http://www.orangeribbon.jp/http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/dv/about.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】モラハラの本質的な解決を望まれる方は
小冊子をお役立てください

もしあなたがモラハラについて「縁を切りたい!」「離婚をしたい!」という解決策を探しているのなら、残念ですがこの小冊子は役に立ちません。

しかし、モラハラを本質的に解決したい。穏やかな日々を取り戻したい。そう願っているのなら、この小冊子はあなたにとって、とても重要です。

この小冊子をお読みになると次のことがわかります。

・モラハラの原因を理解し、解決のために移すべき行動
・加害者への接し方において、気をつけるべきポイント
・実際に夫のモラハラを完治できた方の体験談

など、モラハラ解決に必要な行動とは、多少の温度差こそあれ、どんなご家庭でもすぐに実行できる内容です。

まずは以下のボタンから小冊子をダウンロードしていただき、改善への第一歩を踏み出しましょう。


小冊子をダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*