母親が抱えやすい育児ストレスとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「子育てに自信が持てない」

 

「子供と2人でいるのがツライ」

「イヤイヤ期で気が滅入る」

「夫に優しくなれない」

 

子育て中で、このような経験や悩みを持っている方は少なくありません。

もちろん子供はカワイイのですが、子育てに振り回されている自分を振り返ってみるとそのようなことを感じてしまいます。

 

1.育児ストレス

子供中心の生活で、まったく自分の時間がありません。日中は2人きりになることも多くあり、頼れる人もいません。そんな自分を客観的にみると、社会から取りそこされているような気分になってしまいます。

出産前には、とても我慢強い性格だった方であっても育児ストレスに悩まれることが多くあります。ひどい時には、育児ノイローゼや育児うつに見舞われることがあります。

 

2.育児ストレスの最大の原因「エストロゲン」

育児ストレスはメンタルの問題だと思われることが多いですが、精神的なものだけでなく肉体的なものも影響し、育児ストレスになると考えられています。育児ストレスの原因となる女性ホルモン「エストロゲン」の働きをご紹介します。

ホルモンバランス「エストロゲン」とは

育児ストレスの最大の原因は、出産後の女性ホルモン「エストロゲン」の急激な変化であるといわれています。

エストロゲンは、妊娠・出産に大きな影響がある女性ホルモンで、助成を妊娠できる身体にし、妊娠中の身体を維持して、元気な赤ちゃんを出産するために必要です。妊娠中はこのエストロゲンの分泌がとても多くなり、ママの身体を守っています。

多くの女性は、生理の前に気分が不安定になる人が多くいます。みなさんも経験があるかもしれません。これはエストロゲンの分泌に影響されていますが、妊娠・出産時においても同じことがいえます。

エストロゲンは妊娠すると分泌が多くなります。しかし出産すると分泌が急激に少なくなります。この急激な変化が女性の体調や気分に大きな影響を与えてしまうのです。それが原因で「不安感」や「孤立感」を感じ過ぎてしまい、育児ストレスとなってしまうのです。

3.育児ストレスと脳の関係

育児ストレスを感じている間は、ストレスを感じないようにしようと思っていても、夫に育児を任せて1日ゆっくりと過ごしても、疲れが取れなかったり、スッキリしないことがあります。さらにやる気もでないし、不安感やツライ気持ちがいっぱいになります。

このような時には「脳疲労」を起こしているのかもしれません。

最新の研究では、すべての疲労やストレスは脳の疲れが原因であると考えられています。 

育児においてストレスのかかる場面が続いたり、夜泣きで寝不足だったりすると、それがすべて「ストレス」であると脳が受け取ってしまいます。

その状況が続いてしまうと、脳はそのストレスを除去しようとして、体内に活性酸素を発生させようとします。

みなさんも活性酸素は身体によくないと聞いたことがあるかもしれません。身体のサビと表現されることが多くあります。

活性酸素は、体内の細菌やウイルスを除去する役割を持っていて、私たちの身体を守ってくれるものなのですが、増え過ぎてしまうと、健康な細胞にまで影響を与えてしまうことになります。これを酸化ストレスと呼んでいます。 

育児ストレスが続いてしまうと、脳がこの酸化ストレスにあってしまい、しっかりと休んでいるはずでも脳が「疲れた」という合図を出してしまうようになるのです。

4.育児ストレスと栄養の関係

出産後は、体力が低下しているのに加え、女性ホルモン「エストロゲン」の急激な低下、夜泣きなどの対応による寝不足などによって、心身の疲労がピークになっています。

そこで大事になるのが食事です。

厚生労働省によりますと、育児中のママは、350kcal多く摂ることを推奨しています。

出産後の時期にバランスのよい食生活をしていないと、食事で摂った栄養素をエネルギーにうまく代謝できないようになってしまいます。

エネルギーは心身の機能を健康的に動かすために重要なものですが、体内からエネルギーが少なくなってしまうと、ストレスを感じやすい身体になってしまいます。

さらにバランスのよい栄養が摂れていない状況が続いてしまうと、先ほど説明した「脳疲労」を起こす原因となってしまいます 

疲れ過ぎたり、ストレスを感じると、甘いものが欲しくなることがあります。

これは、甘いものを食べることで、リラックスしている状態で現れる自律神経の副交感神経を優位にさせる、セロトニンというホルモンを分泌されるからだと知られています。一時的にイライラを抑えるためについ食べてしまうのです。

脳疲労をおこさないためには、バランスのよい栄養をしっかりと摂ることが大事です。 

普段、育児に追われていると、食事を美味しく食べることもままならないことが多くあります。しかし育児で疲れているからこそ、バランスのよい栄養素を摂ることが大事なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】発達障害の本質的な解決を望まれる方は
小冊子をお役立てください

発達障害という「花」に目を奪われ、枝葉や幹、根などを気にも留めない。だからこそ、発達障害の改善ができない。これが私の結論です。そして、枝葉や幹などですから…


☑ 実は、誰もがその事実は承知して(気づいて)います。


☑ しかし、それを気に留めることもなく放置している


原因のいくつかは、ご本人なら気づいていますし、ご家族なら見聞きしています。しかし、 その事実があまりにも身近すぎて、それを「発達障害の原因」と認識できずにいる。逆に、その事実を認め、適切な対処をすれば改善が可能 だと私は考えています。


そこで私は、「なんとか発達障害を改善させたい!」とか「改善させる手立てはないのか…?」など、お悩みの方々にお役立ていただこうと小冊子を書きました。


この小冊子を読むと次のことが理解いただけます。


1.発達障害のトリガー(引き金)とは?


2.トリガーが脳の働きにどんな影響を与えるのか?


3.多動や学習障害などにつながる重要な事実とは?


4.改善のため、何をどう行動すればいいのか?


 


 小冊子は無料でご利用いただけます。


※ お名前やお電話などの情報は一切必要ございません。


※ お申し込みいただくと、小冊子(PDFファイル)とパスワードがお手元に届きます。


※ パスワードを入力 してお読みください。


 


なお、これは小冊子ではございますが、 二冊の著書を出版している私ですから、その内容に手抜きはございません。 おおよそ25000文字原稿用紙60枚強と、 発達障害についての知識を深めるには十分な内容だと 自負しております。問題解決にお役立ていただければ幸いです。


小冊子をダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*