何をやっても改善しない不眠症・・・意外と知られていない治し方とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

・夜なかなか寝つきが悪い

・朝早くに目が覚めてしまう

・夜中に目が覚めてから寝付くことが出来ない

このような不眠の症状は、体調不良や仕事上のミスなどにつながります。またまだ寝たいのに寝られないストレスから、うつ病などの精神疾患にもつながることがあります。

この不眠症状を治すために、病院に通ったり、睡眠に良いとされることを試した方も少なくはないでしょう。しかし、色々と治し方を模索し試してみたけれど夜なかなか寝られないといったことで悩まれている方もいらっしゃると思います。

今回の記事では、意外と知られていない不眠症の根本的な原因とその治し方についてご紹介しています。「いろいろやってみたけれど、なかなか寝ることができなくて・・・」、そんな悩みをお持ちの方が、今回の記事で不眠症状を解決できたら幸いです。

1.そもそも不眠症とは

・夜寝つきが悪い

・夜中に何度も起きてしまう

・朝早く目が覚める

・眠りが浅く十分眠った感じがしない

上記のような症状が続き、よく眠れないことが原因で、日中の眠気や注意力の散漫、疲れや様々な体調不良が起こる状態を指します。

日本においては、約5人に1人がこのような不眠の症状で悩んでいるとされています。不眠症は、若い人には稀ですが、20歳から30歳代に始まり加齢とともに増加。さらに、中年老年になると急激に増加します。また、男性よりも、女性に多いと言われています。

2.不眠症は4つのタイプに分類できる

不眠症は以下の4つに分類することができます。

・入眠困難
お布団に入っても、30分から1時間以上眠りにつくことができない

・中途覚醒
一旦眠りについても、翌朝起きるまでの間に何度も目が覚める

・早朝覚醒
朝起きようとする時間あるいは通常の2時間以上前に目が覚め、その後眠れない

・熟眠障害
眠りが浅く睡眠時間の割に熟睡した感じが得られない

3.不眠症の原因

一般的には以下のようなことが不眠症の原因だと言われていますが、じつは不眠症には自律神経の乱れが大きく関わっています。自律神経が乱れてしまうと、睡眠のリズムがうまく作れなくなり、不眠の症状があらわれてしまうのです。

この自律神経の乱れの原因は何なのでしょうか?これには様々なものが考えられますが、そのなかでも「脳の栄養不足」と「体調不良」が密接に関係しています。

3-1.睡眠のメカニズム

ヒトは活動している状態とリラックスして休んでいる状態が規則的に繰り返されることにより、きちんとした睡眠のリズムが作られます。この睡眠のリズムは自律神経によってコントロールされています。

自律神経とは?
自律神経は、交感神経と副交感神経の2つに分けられます。

3-1-1.交感神経

人が活動しているときに働く神経であり、自分の体を緊急事態に対応できる状態にする神経でもあります。車でいうとアクセルを思い浮かべて頂ければイメージしやすいと思います。
例:怖い思いをした時に心臓がドキドキする、緊張している時に体がガチガチになる

3-1-2.副交感神経

人がリラックスしたり、寝ているときに働く神経です。車でいうとブレーキのようなものです。

3-2.脳が栄養不足になると・・・

栄養不足になると、脳が緊急事態だと認識して「狩りをしろ」と命令します。その結果、交感神経が緊張します。そうすると、副腎からアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されます。これらの物質はイライラや恐怖、不安などの感情物質ですので、交感神経が緊張してこの物質が出続けている間不安やイライラが続いてしまって寝ることができません。

お腹が空いたときのことを思い浮かべて下さい。誰もがお腹が空いた時にイライラしたことはあるでしょう。お腹が空いたときというのは血糖が下がっている状態。つまり栄養不足の状態ですので、アドレナリンやノルアドレナリンが分泌されるため、イライラしてしまうわけです。

体調不良についてです。自律神経の乱れが原因で不眠になってしまう方の中には、下記のような症状を訴えられる方も少なくありません。

・胃もたれ

・吐き気

・下痢

・便秘

・手足の冷え

・肌荒れ(顎のニキビを含む)

・肩や首、背中のコリ

・脱毛

これらは交感神経が緊張することによって引き起こされます。では、どのようにしてこれらの症状が起きてしまうのかをご説明いたします。

3-2-1.胃もたれ、吐き気、下痢、便秘

交感神経が緊張すると、体は緊急事態に対応できる状態を作ろうとしますので、心臓が強く拍動し(動悸)全身の筋肉に血液を送ろうとします。

もちろん人間の体の中を流れる血液の量は一定ではありませんので、筋肉の方に血液が多く送られてしまうとその分胃腸に送られる血液が減ることになります。その結果、胃腸がこわばってしまい下痢や便秘などの異常症状が出てしまうわけです。胃もたれや吐き気なども同様に、胃腸のこわばりが原因です。

3-2-2.手足の冷え

同じように手足の冷えも手や足の先の血流が減少することにより起きます。

3-2-3.脱毛、肌荒れ

脱毛、肌荒れなども、頭皮や皮膚表面の血流が減少し、栄養が届けられなくなってしまうことにより起きます。

3-3-4.肩や首、背中のこり

脳から「狩りをしろ」という命令が出て、交感神経が緊張している状態が続くと、体は常に全力で走っているようないわゆる無酸素運動の状態になります。細胞では、無酸素運動の時のように酸素を使わずにエネルギーを作ろうとすると老廃物として乳酸ができ、この乳酸が溜まった結果、体にコリが生じてしまうのです。

3-3.体調不良が続いてしまうと・・・

その情報が脳に届けられると脳が不快だと判断します。このような症状が続く場合、この不快という情報から交感神経が緊張してしまいます。

そうするとまた、アドレナリンやノルアドレナリンが分泌されますので、イライラや不安や恐怖で寝ることができません。この栄養不足と体調不良は、相互的につながっていますので、どちらか一方でも放っておくと、不眠の症状が悪化してしまいます。

4.不眠症を治すためには

不眠症の治し方には、

幅広い栄養十分にとること

体調不良を根本的に改善すること

の2つが挙げられます。この2つについて以下に詳しくご紹介します。

4-1.不眠症の治し方(1)脳が必要としている栄養をとる

脳が必要としている栄養というと糖分を思い浮かべる方も少なくないでしょう。しかしここでいう脳が必要としている栄養とは糖分のことではなく、アミノ酸やビタミン類やミネラル類のことを指します。「ご飯なら1日3回ちゃんと食べているから栄養が不足しているはずがない」と思われた方も少なくないでしょうがそうではありません。

ここでの栄養をとるという言葉は、食事を1日3回バランスよく食べるという意味ではありません。そしてコンビニやファーストフード店などが普及し食の欧米化が進んでいる今の時代、普段の食事だけでは栄養を十分にとることはできないとわたしは考えています。

もし、今話したような思い違いをされているようであれば、今からご紹介する内容は非常に重要ですので真剣にお読みください。

4-1-1.アミノ酸について

アミノ酸には種類があって、以下は身体が必要としている主なものです。

バリン        システイン

ロイシン       アルギニン

アラニン       リシン

グリシン       トレオニン

チロシン       セリン

ヒスチジン      アスパラギン酸

グルタミン      アスパラギン

グルタミン酸     トリプトファン

イソロイシン     フェニルアラニン

メチオニン      プロリン

この20種類のアミノ酸のなかで人の体の中では作ることのできないアミノ酸があります。それらのアミノ酸を総称して、必須アミノ酸(上に示したもののうち赤文字のもの)と呼びます。

体の中で睡眠のリズムを作る働きをするメラトニンというホルモンの材料にトリプトファンがあります。このトリプトファンが不足してしまうと、メラトニンを作ることができずにちゃんとした睡眠を作ることができなくなってしまいます。

このようなお話を聞くと、トリプトファンをたくさん取ればいいのでは?と思われるかもしれません。意外と知られていない事実なのですが、必須アミノ酸というものはどれか一つでも不足してしまうとその働きが半減してしまいます。

トリプトファンが睡眠に良いからとトリプトファンを多く含む物を食べることは悪いことではありません。しかしそれに併せて、その他の必須アミノ酸も十分に摂取しないとトリプトファンを十分に利用することができないのです。

4-1-2.ビタミンについて

身体が特に必要なビタミン類は以下に示す13種類です。

ビタミンA         ビタミンC

ビタミンB₁       ビタミンD

ビタミンB₂       ビタミンE

ビタミンB₆       ビタミンK

ビタミンB₁₂      ナイアシン

ビオチン           パントテン酸

葉酸

ビタミン類も、アミノ酸と同様にいろんなビタミンが協力し合い様々な働きをしています。ですので、一つでも欠けてしまうといろんな働きが低下してしまいます。

4-1-3.ミネラル類について

身体が必要としている主なミネラル類は、以下の16種類です。

ナトリウム        マグネシウム

リン           硫黄

塩素           カリウム

カルシウム        クロム

マンガン          鉄

コバルト       銅

亜鉛           セレン

モリブデン        ヨウ素

ミネラル類もアミノ酸やビタミンと同様にお互いが協力しあって働いていますので、何か一つだけとればいいというわけではありません。

※普段の尿の色で栄養不足がわかる!?

ここで一つ重要な質問です。あなたの普段の尿の色は何色ですか?

「透明です」「薄い黄色かなぁ」「小学生のころは黄色かったけど大人になってからはほとんど透明になった」などなど色々いらっしゃると思いますが、今現在の自分の尿の色が透明や薄い黄色であるならば、今からするお話は非常に重要です

リポビタンDなどの栄養剤を摂ったときにおしっこの色は黄色くなりますよね。これは皆さんご存知だと思います。では尿が黄色くなるのはなぜなのでしょうか?あの黄色はリポビタンDに含まれるビタミンB2のうち、体の中で使われずに余ったビタミンB2が尿に排泄された時の色なのです。

リポビタンDの中に含まれるビタミンB2の量は一日に必要とされる量の約5倍の量。そのリポビタンDを飲むとすぐに尿が黄色くなるということは、そのほとんどが体の中で利用されずにすぐに体の外に排泄されているということです。そしてこのことはビタミンだけではなく、ミネラルやアミノ酸でも同じことが言えます。

このようなお話をしたときに、「自分の尿の色が透明なのはビタミン不足ではなくて、摂ったビタミンが余すことなく体の中で使われていて尿の中に排泄されないだけ」という風に思われる方もいらっしゃるかと思います。しかし、そのようなことは絶対にありえません。

では、体の中で栄養がどのようにして細胞に届けられて使われているのでしょうか?

この話はパチンコ台をイメージしてもらうと分かりやすいと思います。パチンコはチューリップの部分にパチンコ玉を入れるギャンブルですが、パチンコ玉を一つ中に打ち込んだとしてもチューリップの中に入る確率は限りなくゼロに近いです。パチンコ玉をチューリップの中に入れるために数百、数千というパチンコ玉を打ち込むわけです。

細胞に栄養が届けられる過程はこれによく似ていてランダムであり、その細胞の入り口にうまく入った栄養だけが体の中で使われます。細胞の入り口をパチンコ台のチューリップの部分、栄養をパチンコ玉だとイメージしてもらえれば、体が必要としている量をちょうどよく摂った(数個のパチンコ玉を打ち込んだ)としても、細胞の中にはほとんど届けられる(チューリップの中に入る)ことはないということがお分かり頂けると思います。

さきほどは、細胞に届けられずに使われなかった栄養は尿から体の外に排出されるとお話しました。尿の色が透明な人は、栄養が届けられないばかりか、排泄できるほど栄養を身体に取りこんでいないといえます。

このようなことから、私は幅広い栄養を十分に摂ることが大切だと言っているわけです。そして、このことから普段の食生活を気にかけているだけでは十分に栄養が摂れるわけではないことがお分かり頂けたと思います。そのため普段の食事も十分に摂った上で、サプリメント等で不足している分の栄養を補うことが重要です。

4-2. 不眠症の治し方(2)栄養不足を助長するものを控えよう!

次に、栄養不足を助長するようなものをできるだけ控えることが大切です。栄養不足を助長するものには以下のものが挙げられます。

・保存料

・防腐剤

・着色料

・錆びた油

・甘いもの(ジュース、アイス、お菓子など)

保存料、防腐剤、着色料、錆びた油は体にとって害なので体の外に排泄する時に大量の栄養(様々なビタミン、ミネラル、アミノ酸など)を消費します。

ファーストフード、ポテトチップス、コンビニ弁当、スーパーのお惣菜、マーガリンやショートニングを含むもの、こういった類のものを日常的に食べている方は慢性的な栄養失調だといえます。

また錆びた油を大量に摂ると腸内環境が悪化したり、体の中で活性酸素が大量に発生してしまいます。またスーパーのお惣菜やコンビニ弁当など食べる前にレンジなどで温めてしまうと錆びた油がさらに錆びてしまうので、そういった習慣がある方は注意が必要です。

また甘いもの、ジュースやアイスなどには大量の糖分が含まれており、これらは体の中にダイレクトに吸収されます。その結果シュガークラッシュが起こり、脳がエネルギー不足に陥ってしまうため、交感神経が緊張してしまいます。

4-3. 不眠症の治し方(3)体調不良を根本的に改善する

・胃もたれ

・吐き気

・下痢

・便秘

・手足の冷え

・肌荒れ(顎のニキビを含む)

・肩や首、背中のコリ

・脱毛

上記のような体調不良が不眠症の原因の一つであることは先ほどお話しました。大体の方はこのような症状が出た場合、胃もたれ・吐き気・便秘・下痢であれば内科へ、肌荒れや脱毛であれば皮膚科へ、首や背中、体のコリであれば整形へ、というように病院を受診されると思います。

病院で出されるお薬は症状をおさえるだけですので、飲むのをやめたら症状が再発してしまいます。ですので、また症状が出たら病院を受診するというように、ずっと薬を飲み続けることになります。

みなさんが普段飲んでいる薬でさえ人間の体からすると異物であることには違いありません。薬が体の中に入ると「異物が入ってきた」という緊急事態に備えるために交感神経が緊張します。そうすると前述の通り全身の筋肉に血液が優先的に送られるようになりますので、様々な体調不良が起きてしまうわけです。

体調不良を根本的に治療するためには身体に負担の少ない自然由来の薬である漢方薬や整体、鍼灸などが効果的です。しかし忙しくてなかなか行くことができないという方もいらっしゃるとおもいます。そのような方でしたら、ストレッチやラジオ体操や軽いウォーキングなどでも良いでしょう。

ストレッチやラジオ体操はお布団に入る30分~1時間前くらいにやると特に効果的です。ちなみにラジオ体操はちゃんと出来るとお腹がグ~ッと鳴るので、ラジオ体操をしたときはぜひ確認してみてください。

なお漢方薬に関しては自己判断で服用せず、必ず専門の医師や薬剤師に相談してください。

5.まとめ

今回の記事では不眠症のおおもとの原因とその治し方についてご紹介させていただきました。今回ご紹介した不眠症の治し方の中には皆さんが知っていた方法があるかもしれませんが、ちゃんと理解して実践している方は少ないと思います。もしほかにいろいろ試してみたけれど全部ダメだったならば、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。

ひとりでも多くの方の不眠症の悩みが解決することを心から願っております。

参照HP:http://www.skincare-univ.com/article/004178/http://www.athletepreneur.net/shokuji-blog/sugar

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

海外旅行が好き。海外旅行を計画されている方へ!

自己破産

テレビや新聞などで耳にしたことはあるものの、身近で自己破産をしたという話はめったにないと思います。しかし、昨年3名、一昨年2名の私のお客様が自己破産しました。

・3名の方は若者で、カナダでスノーボードで頸椎や脊髄を骨折。治療費や入院費、家族の渡航費用などでご家族が自己破産をされました。

・70代の男性は、ヨーロッパにトレッキング旅行に出かけ、到着後すぐに脳梗塞。こちらは、息子さんが自己破産をされています。

もう一人の方は、思い出したくないと言って理由はお話にならなかったのですが、まだ30代前半の女性でしたので、きっと両親のいずれかが原因だと思われます

原因は海外旅行保険に加入していなかったから。そして、突き付けられた治療費を目の当たりにして、そのショックからうつ状態(うつ病ではない)となり私を訪ねていらっしゃいました。幸い、どなたも我をとり戻されましたが、かかった治療費がなくなるわけではありません。そのため、不動産などを処分した後、自己破産を選択されました。

 

こんな話を聞き、私はあらためて自分が旅行したときの保険を確認してみました。というのも、私も「カードに旅行保険がついてるから!」と、旅行保険に加入せずに海外旅行に出かけていたからです。そして、私はカードで保証されている保険金額を確認し、愕然としました。なぜなら、「ゴールドカードだから…」と高をくくっていましたが、病気やケガの補償はたったの300万円だったからです。

実は、先日あるお客様が海外旅行に出かけるというので、今回のようお話をさせていただきました。すると、このお客様から、海外旅行保険をお得にカバーする方法についてのサイトを教えていただきました。海外旅行を計画されている方。旅行保険について、私と同じように高をくくっていた方はお役立てください。


海外旅行保険節約サイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*